Monthly Archives: 8月 2015

肌のトラブルは起こしたくない

肌荒れとニキビが関連していることも多分にあるます。

吹き出物(毛穴が詰まってしまっていたり、不摂生な生活を送っていると、できてしまいやすいです)はホルモンバランスの乱れが主な原因なので、特に思春期に出現しやすいです。

しかし、思春期をすぎてもできる可能性があり、その際は大人ニキビとか吹き出物(毛穴が詰まってしまっていたり、不摂生な生活を送っていると、できてしまいやすいです)と名付けられてます。大人ニキビの原因の一つが肌トラブルですから、スキンケアや生活習慣には考慮が必要です。ニキビがまえがみのあたる辺りにたくさん出てしまった時に、自分でも可哀想になるくらいの状態だったので、治療をして貰うことにしました。医師から、これを処方しますので、塗ってためしてみて下さいと言われ、ステロイド系の薬を塗るようにと、処方してもらいました。ステロイド系の塗るタイプの薬は効き目が早いのですが、弱い薬ではないので、状態の改善が見込めたら塗布する割合を少しにしていったほうが好ましいそうです。

シワ防止のためにも、お化粧をした日は欠かさずクレンジングするようにしてちょうだい。クレンジングを怠ってしまうと、お肌にダメージが残ってしまい、シワができやすくなるでしょう。さらに、洗顔を行う時は、洗顔でちゃんと泡を作って、優しく洗うようにしてちょうだい。乱暴な洗顔や、肌荒れを起こしたりといったことが、シワの原因になってしまいます。美肌とウォーキングをすることは全く無関係のことのように感じてしまいますが、事実は密接に関係があります。正しい姿勢を保ってウォーキングすると、お肌へ流れる血流がスムーズになるので、新陳代謝が活動的になり美肌になることが可能ですし、高血圧や動脈硬化などの成人病にならないためにも効果があらわれます。ニキビは何度も繰り返しできやすい肌トラブルなのです。キレイに治ったからといって暴飲暴食や不摂生な生活をしていると、すぐにまたニキビはできてしまいます。

ニキビが再発しないよう防止するためには、清潔な肌を保つようにし、不摂生な食事をせず、十分に睡眠を取っていく事が重要だと思います。

日々行う洗顔ですが、現在まではそれほど洗顔料に重きを置かずに入手しておりました。しかし、美意識が高い御友達によれば、一日たりとも欠かすことなく使うものだからこそ、確固たる意志を持たなければいけないとのことでした。乾燥や小じわがコンプレックスの私には、保湿機能のある成分が入ったものや加齢に対して対応できるものが向いているそうなので、見つけてみようと思います。ニキビも立派な皮膚病です。たかがニキビで皮膚科に診て貰うのも、と少々迷いがちですが、皮膚科を受診すると早期に治癒しますし、ニキビ跡が残ることも少ないです。その上、自分でドラッグストア(店舗によっては薬剤師が常駐しており、処方せん医薬品を購入できることも少なくありません)などでニキビ薬を手に入れるよりも安く済みます。アクネ菌がニキビの原因なので、フェイスタオルやメイク用スポンジなどの肌に触れる物を他の人と共有で使用していたり、肌が直接触れてほったらかにして洗わずにいると、ニキビがうつってしまうことがあるので注意が必要です。また、手で自分のニキビを触った後で、他の場所を触ると、そこにもニキビができる可能性があります。

洗顔するとき、ゴシゴシ洗うと乾燥肌にはすぐ傷がつきますから、丁寧に洗うように心がけてちょうだい。加えて、化粧水は手の上にたっぷりと取り、手の温度でちょっと温めるようにしてから肌に塗りましょう。

温度が体温に近づいてくると浸透力がぐんと高まり、より化粧水が肌に取り込まれやすくなるでしょう。

最近ですが、徹夜の日々を送ったらニキビだらけになりました。私はすぐニキビができる方なので、わずかでも肌に負担を掛けるとブツブツ顔になるのです。

だから、たとえ忙しい時でも、できるだけ早く寝て十分に休むようにがんばっています。ニキビの大敵は睡眠不足だと思います。