シミやシワが気になる人たちへ

私の母親は数年来顔にできてしまったシミに悩み事がありました。そのシミがどのくらいかというのはだいたい十円玉の大きさが一つ、少しばかり小さいものがいくつかところどころ両頬にできていました。

1年ほど前、母親の美肌友達より「発芽玄米はシミにいい」ときき、さっそく毎日のご飯の時に可能な限り取り入れてきました。

その結果、シミは薄れてきています。美しい肌の秘密はズバリ、肌の水分をどう保つかという点です。

高い水分量ならば最高の肌触りのしっかりとしたハリをもった肌になります。何もお手入れをしないと水分はあっという間になくなります。化粧水で肌を思い切り潤したら、馬油クリームで十分に膜を作るのが重要です。毛穴、中でも鼻の毛穴に目たつ角栓があるとかなり気になりますよね。

とはいえ、顔を洗っている時に無理やり取り除こうとすると、かえって、お肌を傷つける怖れもあるので、その方法(あれこれと議論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繰り返す方がいいこともあります)はオススメ出来ないでしょう。ピーリング石鹸を使ったりして角栓をじっくりと取り除くといいでしょう。ですが、使い過ぎるのも良くないので、週1~2回程度の使用に留めて頂戴。お肌のケアのためなら、顔を洗うときにはおでこのキワなどの落ちにくい部分まで、すみずみまで洗い落としましょう。流し終わったら、タオルで弱い力で押さえながら水分を取り去ります。万が一にも、強くこすったりしないで頂戴ね。むろん、清潔なタオルの使用が、前提の条件とされています。

肌荒れ、とくに肌がかゆくなる原因は皮膚炎やアトピーであることも少なくありないでしょう。しかし、肌が乾燥しているということが原因になっていることもよくあるのです。

日本の冬は湿度が低いですから、テレビで乾燥肌(皮膚の保水力が足りず、粉をふいたようになってしまったり、ざらついたり、荒れたりします)のかゆみ用クリームのコマーシャルをよく見ます。これらを利用すると、かゆみが治まることがよくありますが、長引くなら皮膚科に行くことを後押しします。

乾燥肌(皮膚の保水力が足りず、粉をふいたようになってしまったり、ざらついたり、荒れたりします)を防ぐには、洗浄力控えめで、刺激の少ないクレンジング剤を使用するようにします。落とすのが厄介なポイントメイクはそこだけ専用のリムーバーを使い、肌が荒れないようにして頂戴。

顔を洗う際もゴシゴシと擦らないように注意しなくてはいけないでしょう。ホイップ状の泡を立てて優しく洗い、ぬるま湯で十分に流すようにしましょう。

紫外線はシワが増える原因となるので、外出をする時には日焼け止め専用のクリームを塗ったり、日傘を使うなどしっかりと紫外線対策を行っておきましょう。

また、多くの紫外線を浴びてしまった場合には、ビタミンCの美容液等を肌に塗るなどしてスキンケアをしっかりと行って頂戴。毎日きちんとスキンケアを行っていくことで、シワを予防する事が出来ます。年を取っていくとともに、肌に関する不満が多くなってきましたので、化粧水と乳液をアンチエイジングが出来るものにしたり、クリームや美容液なども足すようになりました。

しかし、美容部員の方から聞いた話では、重要なのはクレンジングなのだと言っていました。今現在のものを使い終えたら、早速探そうと考えています。

美しいキメの整った肌は女性なら誰でも憧れますよね。美しい肌をもち続けるためには、1にも2にも保湿がとても大事です。潤いがしっかりある肌はハリのある肌は多少のトラブルもすぐ直ります。また、保湿の為に知られていない必要なことは、紫外線から肌を守ることです。紫外線は肌を乾燥指せてしまいますので、適切なケアをすることが重要です。

ファンケルの無添加スキンケアシリーズは、根強いファンの多いファンケルのお肌のケアを考えたシリーズです。無添加化粧品の中で圧倒的な知名度を持っている企業ですね。こんなに多くの人に広く長く使われ続けているということは、それくらい商品の質が良いというほかはないと言っていいでしょう。