Monthly Archives: 11月 2015

顔ではなくニキビができた

このところ、重曹を使ってニキビケアができるとよく耳にします。弱アルカリ性の重曹が油分を分解する効力を発揮し、重曹を加えた洗顔料を使って洗顔すれば、毛穴の汚れや角質を取り除くことができ、にきびの改善に繋がるのではと期待されている為す。

ただし、重曹には研磨効果があるので、洗顔に使うと肌にダメージを与える惧れもあるため、試す時には、注意を払って行いてください。近年では、美容家電が世に浸透して家で簡単にエステ並みのスキンケアができるのがとても嬉しいことです。私はエイジングに関するケアができる家電に夢中になっています。年齢の若いうちからコツコツとエイジングケアを施していると、数年後のお肌にちがいが表れるかも知れないと思うので、がんばっています。

1日に何回顔を洗うのがベストなのかわかっていますか。正解はずばり、朝と夜の2回です。

洗顔をこれ以上するのは肌を弱くしてしまう1番の原因です。

すればするほどその分肌にいいワケではなく、多くても2回に留めるというのがきれいな肌へと繋がっていくのです。長くお風呂に入るのが好きな私はお肌が乾燥することを防ぐために、いつも洗顔後は真っ先に化粧水をつけてから、出来るだけゆっくり入浴を満喫しています。しかし、真冬の時期は化粧水を塗っただけでは入浴後の乾燥が気になりますから、化粧水の後に保湿美容液もまんべんなく塗って湯船に浸かっていますが、この習慣が身につくようになってから乾燥が大幅に改善されつつあります。

最近、私はエッセンシャルオイルを使用して私自身が楽しんだり周囲の方にたのしんでもらったりしています。中でもアロマオイルの香りが大変気に入っており癒しが得られます。エッセンシャルオイルは精神的、肉体的健康やストレスの解消、リラクゼーションに良いようです。植物の香りは心身の悩みを穏やかに回復することができますので、肌ケア化粧品のような感じで使っています。

美顔器の種類には、イオン導入器、超音波美顔器、美顔ローラーのようなものもありますが、特に超音波美顔器やイオン導入器を使用するとたいへん効果的です。スキンケアのために使用する化粧品は、肌のハリと弾力をアップさせる成分が配合されたものを選びてください。成分としてあげられるのは、ビタミンC誘導体やヒアルロン酸が配合されているものがかなりお薦めです。基礎化粧品使う順位は人間それぞれだと思います。私は一般的に、化粧水、美容液、乳液の順位で使いますが、はじめに美容液を使用するという人物もいます。どのやり方が一番私のお肌に合っているお手入れ方法なのかは実際にテストしてみないと定かではないのではないでしょうか。

顔ではないところで、ニキビができやすいのはなんと背中なのです。

背中は自分で見えないので、背中にニキビができても、気づかないこともあります。でも、背中のにきびでもニキビケアを怠らずしなければ痕になってしまうのですので、注意してちょうだい。ニキビをできにくくする飲み物は、今まで聞いたことがありません。でも、強い炭酸飲料や辛い飲み物などは、肌を刺激する元になりますから、控えた方が安心です。ニキビと肌荒れは別のものですが、あまりいけない事をすると、ニキビの原因にも繋がるのです。

誰しも、一番気になる体の部分は顔だという人が大部分を占めるでしょう。

顔のお手入れといえば洗顔が基本です。顔に付いた汚れや多すぎる皮脂を洗い流す所からお手入れがスタートするからです。

洗顔は石鹸や洗顔クリームをうまく泡立てることが大事です。

必ず泡立てネットを使用しモコモコになるように泡立てて泡で包み込んで洗顔します。